トリキュラーってご存知ですか?そんなの聞いたことが無いわという方も多いかもしれません。トリキュラーとは低用量避妊ピルの一つです。経口避妊薬ですので避妊効果があるのはもちろん、他にも女性には嬉しい作用もあるんです!具体的にご紹介します。

2016年10月の記事一覧

トリキュラーを使用中の抗生物質の危険性とペッサリー

トリキュラーは正しく使用することで高い避妊の効果を発揮することが出来、月経前症候群の改善にも使われることから、女性の強い味方として人気のある低用量ピルです。しかしトリキュラー服用中には抗生物質が危険になる場合があります。というのもトリキュラーと抗生物質を併用すると、成分の吸収を阻害し不正出血を引き起こす原因になり、避妊の効果や月経前症候群の改善の効果が薄れる可能性があります。そのため抗生物質を併用する可能性がありそうなら、医師にトリキュラーを服用していることを告げ、他の薬に変えてもらうなど対処してもらいましょう。
避妊を目的で服用しているのなら、ペッサリーという手段もあります。ペッサリーは伸縮性のある輪っかにゴムを張り膣内に取り付けることで精子が子宮に侵入することを防ぐ避妊の方法の1つです。精子殺傷剤をペッサリーに塗り、自分で性交渉前に装着し、射精後役8時間は装着したままにしておきます。体の中に異物を入れる、という点では嫌がる人もいるかもしれませんが、トリキュラーを服用出来なくなる期間だけ、と考えれば良いかもしれません。またペッサリーは使用後、自分で洗い清潔にすることで繰り返し使用でき、薬とは異なるので副作用がない、という安心感があります。しかし避妊成功率は80%程度で正しく装着しないと成功率は下がります。そのためペッサリーを装着しているから避妊が必ず成功する、と思わずに、パートナーにもコンドームの装着をお願いしましょう。
トリキュラーは薬なので、服用中には抗生物質のように併用すると影響が出る薬もあります。服用中に他の薬を服用しなければならない場合は医師、または薬剤師に相談することを忘れないでください。

続きを読む